HOME>口コミ>受験は面接が重要!好印象を与える方法を学んでおこう

受験は面接が重要!好印象を与える方法を学んでおこう

女生徒

受験の前に練習しておいたほうがいいことは、面接の受け答えです。予想しなかった質問が飛んでくると、緊張もあって上手く答えることができない人がほとんどでしょう。面接でされる質問を想定した上で練習しておくと、いざというときに慌てずに対応できます。

みんなの声

面接マナーを学んでおいてよかった。(10代|男性)

つい最近高校受験を終えたのですが、やっぱり面接で受け答えするって緊張しますね。試験本番まで言葉遣いなどに気を付けるように意識していましたが、いつかボロが出るのではないかと不安でいっぱいでした。面接の時はマナーが何よりも大事だと教えられ、そこからは正しいマナーを完璧に身につけるべく厳しく指導されました。質問の答え方一つとってもあれこれと言われるので最初はうんざりでしたが、今思えばあの教えが本番で活かされたのだと感じます。本番中、椅子に座ろうとした時に声を掛けられる前に座りそうになりました。もしも、声を掛けられてから座るというのを教わってなかったら、あのまま座っていたかもしれません。質問に答えること意外にも大事なことがあると教えてくれた先生方には、感謝でいっぱいです。

質問にハキハキと答えることができた。(10代|女性)

ずっと前から人前で話すのが苦手で、そういう場面になるとどうしても声が小さくなるのが悩みでした。「面接だと相手が聞き取れなったら減点される」と何度も注意されたのですが、どうやっても治すことができず、本番は大丈夫かと不安でした。そんな時に面接の指導を請け負っている先生から、声を大きくしようとせずに滑舌を意識するといいというアドバイスをもらったのです。無理に大きい声を出そうとすると逆効果なのだとか。それから、声の出し方を意識して練習をしていたら、注意されることがなくなりました。おかげで自信もつき、本番では質問にハキハキに答えることができました。声の大きさで悩んでいる人は、滑舌よく話すようにすることがベストな解決策ではないでしょうか。